30代、40代女性の美容の悩み|貴方はどれくらい当てはまりますか?

皆さん、みーです。

30代、40代になると、30代とは異なる美容の悩みがありますよね~
今回は30代、40代の「美容の悩み」について、記事をまとめてみました。

本サイトでは、こうした「美容の悩み」に対して、効果のあるコスメや雑貨を、
私の実体験も含めて紹介しておりますので、他の記事も、ぜひ見て下さいね。

30代女性の美容の悩み

①結婚・妊娠・出産とライフステージや体質の変化が続く世代
②出産を経験した女性は、産後の髪の抜け毛や腹部の体毛の増加に悩む。ホルモンバランスの崩れによる一時的なものであるが、なかなか元に戻らず悩む人は多い。骨盤の歪みや体重がもとに戻りづらく、ダイエットや骨盤矯正ケアに積極的
③仕事は“中堅”としてのストレスが増し、ストレスによる体調や肌質の変化が著しい
④30代後半になると、女性ホルモンの減少、筋力の低下によって下腹部・腰回り・二の腕に脂肪がつき、バストの下垂を少しずつ実感
⑤肌は蓄積されてきた紫外線の影響からシミが増え、乾燥による小じわや毛穴が目立ってくる
⑥まつ毛の毛周期が乱れ始める
⑦肌の保湿力が急速に減りはじめ、弾力の低下を感じやすい
⑧髪は、ツヤの低下、うねりが目立ちだし、白髪が生え始める人も
⑨20代のようなストレートロングヘアから、ミディアムヘアへと変化し始めるのがこの時期
⑩30代後半頃から加齢臭が気になり始める

少しグラフを見てみましょう。(マイナビウーマンの調査結果です)

健康面と美容面の悩みついて回答した方を年代別に見てみると、健康面・美容面ともに30~34歳の人が他の年代よりも多く悩みを抱えていることが分かりますよね。

日常的な健康面の悩みについては、「肩こり、腰痛」、「手足や体のむくみ」、「頭痛」、「胃腸の不調」、「体がだるい」、「口臭、 体臭」、「いらいらしやすい」が他の年代に比べて5ポイント以上高く、悩みを抱えている人が多いことが分かります。

そして、日常的な美容面の悩みについては、「髪の乾燥」、「肌荒れ」、「毛穴の開き」、「シワ、 たるみ」、「シミ」が他の年代に比べて5ポイント以上高く、「ニキビ、 吹き出物」、「毛穴の黒ずみ」は10ポイント以上高いようです。

また、季節の変わり目では、特に「ニキビ、 吹き出物」に悩みを抱える30~34歳の人が他の年代よりも5ポイント以上高く、 30~34歳は、健康面・美容面ともに悩みを多く抱えているようですね。

40代女性の美容の悩み

①40代後半頃から更年期世代へ
②シミや小じわに加え、コラーゲンの減少によってほうれい線や頬のたるみが目立ってくる
③目元の皮膚のたるみでアイラインが引きにくくなる
④唇の縦皺が目立ちリップが上手く塗れない
⑤頬が下がり輪郭がぼやけてくるため「メイクをしても顔が引き締まらない」とメイクに悩む
⑥首元の皺悩み。10代にも見られた横皺に加え縦皺も見られるように
⑦髪は、ハリ・ツヤ・ボリュームの低下の他、エストロゲンの減少により薄毛を感じる人も
⑧基礎代謝量低下や筋肉量の減少が進み、内臓脂肪が付きやすくなるために、上半身にボリュームが増し、胸やお尻が垂れた“おばさん体型”へと変化

美容は健康から(健康の悩みについて)

そもそも、健康じゃなければ美容も出来ませんよね。そこで、健康の悩みについても触れておきます。

上記の表は、マイナビウーマンの調査となります。

秋から冬の季節の変わり目に感じる悩みでは、日常的に感じる悩みでは5位だった「冷え性」が1位になり、秋から冬の季節の変わり目にかけての悩みが「冷え性」であることが顕著化しました。

健康面の悩みについては、 日常的に感じる悩みと秋から季節の変わり目に感じる悩みでは、「疲れがとれない」、「体がだるい」が共通してTOP3になっています。

美容の悩み改善策

結果、当てはまるものが多かったのではないでしょうか。年齢と共に美容の悩みも変わってきますね。

でも、その中でもお肌のトラブルが一番ですよね。

これは女性共通(あまり年代関係ない)の悩みであり、皆さん、お肌の悩み・トラブルに効果のあるスキンケア化粧品をちゃんと利用されていますか?

実は女性の約6割程度の方が、「悩み・トラブルに効果のあるスキンケア化粧品を利用」されているのですが、4割の方は、今のままで満足されているかもしれませんが、良いコスメを知れば、もっとお肌も健康になります。

お肌が綺麗になれば、心も綺麗になりますし、自分自身に自信が持てますよね!

女性の特徴的な悩み「貧血」や「冷え」「便秘」「むくみ」などの予防について、少しお話します。

疲れやくすみの予防にも!なつめでプチ鉄分補給

女性に多いのが隠れ貧血です。お通じと違って貧血は、自覚症状があっても生活に支障を来さない程度であれば、そのまま放置してしまう傾向にありますが、貧血は疲れやすさや顔のくすみにもつながるので、イキイキと健康的な生活を送るためには、貧血を防ぐ鉄分の補給を意識したいところ。

その鉄分をなつめは果物の中では多く含み、鉄分豊富なイメージのドライプルーンの鉄分量が100gあたり1.0mgなのに対して、なつめチップスは100gあたり2.1mgと2倍以上も含み、鉄分補給に適しています。

なつめチップスに含まれる植物性の鉄分は非ヘム鉄なので、鉄分の吸収をよくしてくれるビタミンCやたんぱく質と一緒に摂取するのがオススメです。

おなかスッキリのサポートは、なつめの食物繊維で

乾燥なつめに含まれる食物繊維は、100gあたり12.5g、なつめ3粒で約8g摂取できます。なつめチップスでは、乾燥なつめをさらに上回り、100gあたり15.4gの食物繊維を摂取することができます。厚生労働省の定める食事摂取基準(2015年度版)では、成人女性1日あたりの食物繊維量は18g以上摂ることが望ましいとされているので、その含有量の多さが伝わるかと思います。

これまで、多くの女性の栄養指導をしてきた中で、お通じに悩まされている方からのご相談も受けましたが、その原因は、食物繊維不足や水分不足、運動不足、精神的なストレスなど、様々な要因が重なっているものの、ほとんどの方に共通して食物繊維不足が見られました。お通じにお悩みの方は、今食べている間食をなつめチップスに切り替えるだけでも、効果を感じられるかもしれませんね。

「少し良いもの」を試してみたい・・・と思われている方は、私の「お肌ケア(コスメ)」に関する記事を見て下さいね。

コスメの記事一覧はこちら

Sponsor Link








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です